皇子と公主の双子を産んだ甄ケイは、ある日、敬妃を永寿宮に招待する。朧月を手放したくないため蘇培盛と槿汐の仲を皇后に報告していた敬妃は罰を覚悟するが、甄ケイは敬妃を許すだけでなく朧月が嫁ぐまで養育することを依頼、敬妃は甄ケイに忠誠を誓うのだった。こうして端妃や敬妃などを味方につけた甄ケイは貴妃に封じられ、後宮指南役の権限を与えられる。
一方の皇后は甄ケイの台頭に焦りを隠せず、仲間割れをする安陵容や祺貴人を叱責する。もともと安陵容を見下していた祺貴人は、密かに毒を用いて安陵容ののどを潰してしまうのだった…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001