美声を失った安陵容だったが、必死で冰嬉の修練を重ねた結果、雍正帝の前で見事な舞いを披露し再び寵愛を手に入れる。
甄ケイの妹玉ヨウが紫禁城に入宮する。しばらく甄ケイの下で暮すことになったのだ。だが甄ケイの喜びもつかの間、果郡王が病に伏したとの知らせが入る。甄ケイは案じる気持ちを抑え浣碧を果郡王の屋敷へ看病に遣わせるのだった。
そんな折、甄ケイは皇后の宮より招集を受ける。到着すると皇后ならびに妃嬪全員が集合しており、祺貴人が甄ケイと温侍医が密かに情を交わしていると訴えるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001