温実初との私通を疑われた甄ケイは、雍正帝に自分は潔白であると強く訴える。だが祺貴人は斐?だけでなく、甘露寺で甄ケイにつらい苦役を課した静白までも抱き込み、甄ケイが疑わしいような証言を行わせる。そこで皇后は雍正帝に親子を判別する血液検査を行うよう提案、親子ならば水に垂らした血が混ざり合うというのだ。結果、温実初と第六皇子の血は混ざり合い、雍正帝は大激怒する。だが水に問題があると疑った甄ケイはとっさに機転を利かせ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001