皇太后が死に宮中は悲しみに包まれていたが、そんな中で安陵容の懐妊が判明する。甄ケイの提案で安陵容を含め多くの妃嬪が昇格し、後宮は喜びに包まれていた。
胎児が無事に育っていると思われた陵容だったが、実は長年服用した薬の影響からすでに流産の兆候が見えていた。流産を甄ケイの責任にするべく虎視眈々と隙をうかがう皇后や陵容に対し、甄ケイも密かに探りを入れる。そして小允子が陵容の宮から入手してきた謎の香料に媚薬の成分が含まれていることが発覚し…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001