慎刑司に送られた江福海の供述により、皇后のこれまでの悪事が明るみに出る。中でも実の姉 純元皇后を死に至らしめた事実に雍正帝は激怒し皇后を廃そうとする。"烏拉那拉氏を廃してはならない"という皇太后の遺言により廃位だけは免れた皇后だったが、実質皇后としての実権を失う。
そんな中、ジュンガル部が再度 侵攻の動きを見せ、新しいハーンの参内が決まる。雍正帝、皇弟ら皇族、甄ケイら妃嬪たちが迎える中、現れたのは以前 甄ケイと果郡王が山で助けてやったジュンガル部の男だった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001