朝廷では皇太子擁立についての議論が激しさを増し、第四皇子と第六皇子を推す声があり大臣の意見が割れていた。雍正帝は愛する第六皇子に心が向かっていたが、甄ケイは第四皇子のほうが皇太子として資質があると提言する。
ある日、甄ケイは侍医より寧嬪が媚薬と辰砂を必要としていることを知る。辰砂は雍正帝の服用する丹薬の成分と共に体内に入れると体を害するという。果親王を愛した女たちは密かに復讐のため動き出していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001