大物政治家に、浮気調査を頼まれた三流私立探偵。それは巨大な汚職事件への幕開けだった─。
数年前に警察官を辞職したビリー・タガート(マーク・ウォールバーグ)は私立探偵となり、危険だが金にならない仕事に追われていた。ニューヨークの街が8日後の市長選に沸くなか、ビリーは現市長のホステラー(ラッセル・クロウ)に呼び出され、妻(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)の浮気調査を依頼される。ビリーと市長は、ビリーの辞職の原因となった、ある殺人事件の秘密を共有していた。
浮気相手が対立候補の右腕・アンドリュースと知り、ビリーは愕然とするが、アンドリュースは路上で何者かに射殺される。ホステラーの陰謀に利用されたことに気付き、正義だけを武器に立ち上がるビリー。勝ち目ゼロの復讐の行方は──?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001