スティーヴ・マックィーンが主演したアメリカン・リアリズム映画の傑作。1953年にセントルイスのサウスウエスト銀行で起きた実際の事件を映画化した。警察官や銀行員、住民に至るまで、当時この事件に遭遇した人々をそのままの役で配置している。物語は、大学への復学を希望する青年が、金の為に銀行強盗を計画していたギャング団の運転手として働くことになる。決行の日、青年は実行班に変更させられる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001