物語は、17世紀半ばのパリ、大きな鼻が目立つ近衛騎士シラノは詩人であり剣豪であった。シラノは従妹のロクサーヌのことが好きだった。ロクサーヌから好きな人(クリスチャン)がいることを知らされる。シラノはクリスチャンの為に奔走するが・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001