文豪チャールズ・ディケンズの代表作をトーキー時代の1935年に映画化したもの。英国の名優で演出家や劇作家でもあるシーマー・ヒックス卿が主演した。彼は1901年から何度も舞台でスクルージの役を演じ、1913年の映画「クリスマス・キャロル」でも主演していた。自分名の劇場を持っていたヒックス卿は、当時無名の青年、ヒッチコックを見出だしたことでも有名である。この映画の14年後にヒックス卿は亡くなった

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001