『圭一君の相談にのれるのは私だけ…圭一君を転校なんかさせないから…』

…両親の留守宅に訪ねてきたレナ。
圭一はそのいつもと違う不気味さに、思わず閉め出してしまう。
次の日、護身のためのバットで素振りを繰り返す圭一に、魅音が残した謎の捨てゼリフ。
下校途中に鉈を持って現れるレナ。
逃げ出した圭一の前に立ち塞がる、二人組の男たち。
気絶させられた圭一が目を覚ましたとき、そこには…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001