『圭ちゃん、ワタって言いません?…臓物のこと。』

…今年も綿流しの夜がやってきた。
祭りの最中、圭一は富竹や鷹野、詩音と会い、雛見沢ダム計画にまつわる連続怪死事件の話を聞かされる。
毎年一人が死に、もう一人が行方不明になっている事実…そしてそのままの流れで、古手神社内にある"禁断の"祭具殿に忍び込む4人。
祭具殿の中に隠された真実、そして鷹野の口から驚くべき考えが明かされる…!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001