『姉猫はとても怒っています。妹猫が悪いことをしたので、とっても怒っています。』

…村長が行方不明になった翌朝、不安になった圭一は、祭具殿へ忍び込んだことを梨花に打ち明けてしまう。
その晩、圭一との電話で詩音は

「村長さんが行方不明になったのは自分があの晩のことを話したからだ」

と告白する。
動揺し、梨花の身に危険が及ぶことを心配する圭一。
そしてついに不安は現実のものとなり…!

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001