『初めまして、ご挨拶申し上げます。園崎本家当主跡継ぎ…魅音でございます』

…沙都子と梨花の失踪、それを解き明かすレナの推理。…回覧板に書かれたある案内文が、それを裏付けていた。
圭一が祭具殿へ忍び込んだことを魅音は知っていた、とレナは言う。
しかし魅音が怒っていたのはその事実ではなく、圭一がそれを隠していたことだ、と。
直接会って謝罪するべく、圭一はレナと共に園崎本家へ向かう。
そこで対面した魅音は、二人の知らない顔を持っていた…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001