『たぶん、オヤシロさまの復活…それが奴らの最終目的…』

…富竹が死に、鷹野が鬼隠しに遭う…今年も起こるべくして起こってしまった連続怪死事件。
翌日、この世界で大石が呼び出したのは果たしてレナだった。
レナには思い当たる節があった…図書館で鷹野三四に会い、彼女の研究するオヤシロさま伝承を聞かされたこと。
それは奇妙にもレナの体験と一致する内容だった。鷹野に"同志"と認められ、秘蔵のスクラップブックを託されたこと。
そしてそこに書かれた、恐るべき「陰謀」のこと…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001