富竹と鷹野の死を大石から知らされた梨花は、自分を取り巻く状況に疑念を抱き始める。黒幕の存在を疑う梨花。しかし確証は見つからないまま、焦りだけが募っていく。翌日、学校を休んだ梨花の自宅に部活メンバーが訪れた。そこで遂に覚悟を決めた梨花より『雛見沢症候群』の全貌が語られる…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001