昭和五十八年の雛見沢を巡る運命。それは幼き日の鷹野三四と、雛見沢症候群の研究者・ 高野一二三との因縁からすべてが始まった。終戦間もない昭和二十年代。田無美代子は両親の突然の事故死により、施設で地獄のような生活を強 いられていた。その状況から逃れるため、美代子は友人達と施設脱走を計画するが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001