雪希は日和の出現により、かつての心の痛みを思い起こしていた。また、一方で、日和が二人の前に姿を現すようになったのも、幼い日の彼女の心の痛みのためであった。やがて来る時を惜しむかのように、日和のために遊園地へと出かける健二。二人で過ごす中、日和は別れを告げようとする。そして、そこに現れたのは…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001