眞子からの突然の告白「恋人になってほしいの」と迫られ困惑する純一だったが、実はこれは眞子が後輩の女の子から熱烈ラブコールを受けて困っているので、 恋人のフリをしてその子の気持ちを沈静化させたいというものだった。しかたなくそれを引き受ける純一。それから一緒に帰ったり、休日にはデートをするな ど、ぎこちない恋人ごっこの日々が続いていくのだが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001