さくらと一緒にいた純一のいつもと違う様子に、音夢はショックを受けてしまう。純一は、さくらを選んだのか? ただ涙を流す音夢。そして純一もまた、音夢への本当の気持ちに向き合うことになる。幼かった頃の自分と、変わっていってしまった想い……。ふたりの関係が変わろうとしていた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001