自分達の気持ちを確認しあい、晴れて恋人同士となった純一と音夢。ふたりにとっては、いつもと変わらない日常ですら幸せに思える。しかし、血の繋がりはな くてもふたりは兄妹だ、という杉並の言葉に純一は動揺する。そして純一を想うさくらの存在もまた、ふたりの間に小さな波をたてるのだった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001