桜の魔法が解けていく。それと同時に、ことりの人の心を読む能力も失われていった。徐々に消えていく能力に、ことりは不安で押しつぶされそうになる。しかし、誰の声も聞こえなくなったことりの耳に、何故か純一の心の声だけが、響くのだった。安心したことりは、純一のそばにいるようになるが……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001