祥子からのスールの申し出を断った祐巳。だが彼女は祥子の境遇を無視しておくことができず、学園祭の日まで芝居の稽古に出ることに。ある日の放課後、音楽室でピアノを弾こうとする祐巳に、祥子が近づき連弾することになってしまう。さらに祐巳は白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)の紹介で、芝居の稽古場でのデビューを果たす。平凡だった祐巳の学園生活は波乱に富んで・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001