『十六の冬。私は身を切られるほどの、つらい別れを経験した』白薔薇さまこと「佐藤聖」が2年生のころ、彼女の前に「久保栞」という少女が現れた。聖はその一年生に一目ぼれをする。聖と栞、二人で過ごす時間が長くなり、聖は薔薇の館での公務がおろそかになってしまう。蓉子(現紅薔薇さま)は、そんな聖に「栞の将来」を明かして・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001