『それはバレンタインのハプニングに乗じてつい口が滑っただけのことだから・・・』 日曜日に祥子とのデートの約束をとりつけた祐巳。だがデートコースが当日まで決まらい。由乃、志摩子には相談したのだが彼女たちもそれぞれ悩みを抱えていて相談どころではなかったのだ。待ち合わせ場所で祐巳は祥子を待つが、そこにシャッターチャンスを狙う蔦子が現れて・・・。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001