二条城に現れた三人の男たち――風間、天霧、不知火は自らを「鬼」と名乗り、千鶴を連れ去ろうとする。駆けつけた土方、斎藤、原田によって千鶴は窮地を脱するものの、風間たちの残した言葉は謎に包まれたままだった。そんな中、千鶴は「千」という名の少女と出会う。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001