風間から綱道の動向を聞かされた千鶴は、父が新選組と敵対する勢力にいるのではないかと思い悩む。元気のない千鶴を心配する永倉や原田たち。時は過ぎ、京では制札を引き抜く事件が相次いでいた。新選組は制札警護の任を受け、犯人を捕らえようとするが……。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001