・・・十二年前の金山寺焼失から四年後、屍のごとき 玄奘三蔵が三仏神に拝謁すべく斜陽殿に赴いた。 聖天経文の手掛かりを求めての事であったが、三仏神より 新たな命を与えられ、慶雲院を逗留先とする。 その地で大僧正待覚と出会うが、再び出立を決めた夜更け、 三蔵の命を狙う野党が慶雲院を襲撃したー。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001