殿と愛娘。斎藤道三は娘の濃姫が可愛くて仕方がない親バカであった。うつけ者と言われる織田信長に嫁がせるのが道三は心配で堪らない。信長とはどんな男なのかを確かめるために、自ら女装して濃姫となって信長との会談に臨むが…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001