殿と不良息子。前田慶次は、格式や伝統にとらわれない自由奔放な行動から「傾奇者」と呼ばれる、今で言うところの「不良」であった。慶次に頭を痛めていた父・前田利家は、慶次が夜な夜な出かける先をつきとめた。そこには○○に囲まれ満面の笑顔の慶次が…

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001