殿と重臣の誕生日。眼帯マニアの伊達政宗は家臣の誕生日に、懲りもせずヘンテコ眼帯を無理やりプレゼントしていた。政宗の誕生日に、家臣らが政宗を喜ばせようとヘンテコ眼帯をプレゼントしようとするが…なぜか、そこには勝ち誇った顔の政宗がいた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001