トゥスクルの郊外、深緑を貫けた先。穏やかな山の自然が広がる地に、その恩恵を楽しむ者達がいた。木陰で昼寝をするアルルゥと、渓流に糸をたらすハクオロとトウカだ。「この川には、ヌシがいるそうだぞ」ハクオロの冗談めいた話を真に受けたトウカは、川のヌシを釣り当てようと一念発起する。そして、ハクオロが政務に戻った後も釣りを続けるトウカの前、遂にヌシと思しき巨大な魚影が現れた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001