些細なことからケンカとなり、拗ねた日和がどこかへ行ってしまった。久しぶりに自分1人の時間を満喫できて、美月はまんざらでもない。ところが夕哉との夕食のさなか、彼の些細な仕草にキュンキュンしている自分に気付いてしまう。ふと夕哉と指が触れた瞬間に、身悶える身体。いったいなぜ!? 慌てて確認すると"TST"が跡形もなく消えている。まさか日和は本当に……!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001