王陸は、海雲帆や王忠と共に、試練の第一歩である金橋を通過し、霊剣山に入る。
たどり着いたのは、桃源郷という村だった。
村に着いた他の昇仙大会の参加者たちは皆、村と試練との関連がわからずに戸惑っていたが、王陸は「試練はもう始まっている」と口にする。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001