王舞から「無相剣法」を学べることになった王陸。
自分に相応しい剣法を作り出すように言い渡されて悩んだ末、意外な場所で剣術の師を見つける。
一方、霊剣派家元は、志峰の一件をきっかけに、周辺地域の治安維持のため王陸ら新人仙人たちを俗世に送ることを検討していた。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001