歌ちゃんのクラスの有働くんは、背が高くて身体が大きいのに、気弱な自分にコンプレックスを抱いていた。ところが、不良に絡まれていたところを柊先輩にカッコよく助けられ、自分も柊先輩のようになりたい!という夢を抱くようになった・・・ 一方、柊先輩は、バクくんが吐き出した黒音符の奏でる音楽に、心を魅了されていた・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001