年末にアメリカに帰省するティナは、葵や薫たちの写真を撮りまくっていた。そして夕方、薫とスーパーへ買い物に出かけたティナは、帰りに近くの河原へと薫を誘う。だが、淋しくなった時にココにきていたからあまりいい想い出がないと言うティナに、いつもと違うものを感じた薫は「…何かあったのか?」と尋ねるが…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001