美里家のお手伝いさんとして日々せっせと働くまほろさんは、ある日、優のお弁当にデザートを入れ忘れ、学校まで届けにいく。その頃、学校ではクラスメート 達が、お手伝いさんはどんな人なのかと優に詰め寄っていた。お手伝いさんは"普通のおばさん"と言い張る優だが、そんな彼の前に可愛いまほろさんがやって きたものだからクラス中が騒然。特に優をお気に入りにしているクラスの担任、"式条沙織"は「美里君に手取り足取り個人授業してあげるのはこの私なの よ!」と言わんばかりに、まほろさんにメラメラと対抗心を燃やすのであった・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001