バレンタインデーを翌日に控え、チョコ作りに勤しむまほろさん。「女の子が男の子にチョコレートを贈る日なのですよ」とみなわに説明したものの、そのチョコを優に渡すのかと聞かれアタフタ。そしてバレンタインデー当日、川原と浜口はチョコを貰えるかどうか気になり、落ち着かない様子。しかも、みなわからチョコを貰えないと思った浜口は一人逆ギレする始末。学校も終わり、まほろさんが帰宅した優にチョコを渡そうとすると、そこへ深雪や凛たちがやって来て優にチョコを手渡す。「ありがとう!女の子って、義理だなんだってこの時期大変だね」とお礼を言うと、「今年は本命よ!」と2人に詰め寄られてしまう。たじろぐ優の前に、もっと厄介な人がやって来る。そう式条先生である。一方その頃、みなわは・・・・

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001