春休み。「緋立暗黒武闘祭り」の優勝賞品としてまほろさんに贈られた50万円分の温泉宿泊券で、優、みなわ、川原、浜口、深雪、千鶴子、凛、そして式条先 生とみんな揃って小さな田舎町にある温泉へ旅行に出掛ける。料理を楽しみにする千鶴子や温泉に入るのを楽しみにする深雪。そしてこれを機にみなわに告白し ようとする浜口など、めいめいがこの旅行に目的を持ち、楽しんでいた。そして旅館での夜、まほろさんと優は露天風呂を貸し切りにして、久しぶりに一緒にお 風呂に入る。ゆったりとした穏やかな時間を過ごす二人であったが、まほろさんの顔は少し寂しげであった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001