病気で寝込んでしまった羽山ミズキ。見舞いに来た久瀬は、ミズキの「たすけて」といううわごとを聞いてしまう。
雨宮優子の買い物に付き合う事になる火村夕。二人は音羽の街を散策すると、教会に行き、遠い昔の事を思い出す。
一方、雨宮明良から、火村と優子のことを聞いた凪に、唐突な変化が現れるが--。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001