火村夕は雨宮優子の真実を知り、自責の念に駆られる。いつしか夕の足は、優子から渡されたナイフを手に雨宮明良の家に向かっていた。
一方、羽山ミズキは久瀬修一から「二度と俺の前に姿を現さないでくれ」と言われて落ち込んでいたが、新藤景の言葉を拠り所に久瀬の家に向かう。しかし、そこで待っていたものは――。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001