顔を包帯で覆った男がナイフを手に襲い掛かって来た。まるで「線」が視えているかのように、志貴の急所にナイフを突き剌そうとする男。志貴は危機を免れるが、胸の傷痕から血が噴出し、その場に倒れてしまう。意識が薄れる中、志貴は幼い頃の記憶とも思える夢を見る。深い闇。月光を浴び、青白く輝く七夜のナイフ。そして…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001