シュウが落ち込んでしまった世界。そこは約五十億年後の地球上に築かれた、要塞都市ヘリウッドだった。ララ・ルゥとはぐれたしまったシュウは、要塞の塔の中を迷い歩くうち、少年兵ナブカとブゥに遭遇する。ブゥに銃を突きつけられ、わけが分からぬまま逃走するシュウ。しかし追ってきたナブカ、そしてもう一人の少年兵タブールによって、最後には捕らえられてしまう。シュウが連れていかれたのは、ヘリウッドの統治者ハムドの部屋。ララ・ルゥのペンダントを、シュウが隠し持っていると思いこんでいるハムドは、シュウの言葉に一切耳を貸さず、椅子に縛り付けられたままのシュウを執拗に殴る。シュウは容赦のない暴力に、ただ耐えるしかなかった。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001