砂漠を越え、谷間に緑豊かな村を発見したシュウ達。村の入り口にいたスーンという少女からここはザリ・バースだと聞かされ、シュウは驚く。ヘリウッドで聞いたザリ・バースは軍事国家のイメージだったからだ。さらに進んでいった二人は、シスという女性に出会う。シュウがヘリウッドから逃げてきたと正直に打ち明けると、自分の家に来いと言うシス。シスはヘリウッド軍の行為によって孤児となった子供達を何人も世話していたのだ。そしてスーンもその中の一人。彼女の父親はヘリウッドに出かけていき、まだ帰らないということだった。シュウは、ナブカが射殺した暗殺者の姿を思い出し、スーンの顔を直視することができなくなってしまう。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001