ザリ・バースでの生活に溶け込んでいくシュウとララ・ルゥ。特にララ・ルゥは子供達との交流により、少しずつ人に対して心を開き始める。平和な毎日の中で、ヘリウッドへの闘争心を燃やすエランバ一派だけは、あくまでもシュウを戦いの仲間に引き込もうとしていた。そんなある日、ザリ・バースに一人のヘリウッド兵が流れ着く。名はカザム。カザムは狂ったハムドによって崩壊寸前のヘリウッドから逃げ出してきたと言った。エランバはガザムの情報に飛びつき、村人の前で、今こそヘリウッドを攻める時だと力説する。しかし、カザムの正体はスパイで、その夜のうちにザリ・バースの位置がハムドに知られることとなる。ハムドの号令のもと、アベリアの指揮で浮上を始めるヘリウッド。ザリ・バースに危機が迫ろうとしている! 一方、シュウは、シスの家でサラとの再会を果たしていた。シュウの横に自分によく似た少女をみたサラは、それが誰かに気づき、今まで誰にも言えず溜まっていた感情を爆発させる。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001