防衛軍に亡命したみつきさんは、僕と同じように真田家に住むことになった。強引な親衛隊の脅迫?でみつきさんをデートに誘った僕だったけど、いつまで待っても彼女は来ず、代わりに三月さんが現われる始末。しかも、騒動が片付いたあとに羅螺の襲撃まであるなんて、まったく忙しいよ。でも何なんだ、ZINVの反応が悪くなってる……。そして、あの鈍く光る砲塔は一体!?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001