ひびきの正体を知り、激しく動揺する生徒達。罵詈雑言を背に響が街を去ろうとするその日、学校では女子校化を目論む教頭達によって臨時学院総会が開催されていた。そのとき楓子の中にひびきとの日々が蘇る。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001