ザイティエンとインションは三連会会長の娘・チェン・リンをアンザイの母親を誘拐した疑いで連行し、署長に大目玉を食らう。鑑識官のラン・シーインはザイティエンの身体からドリーマーの陽性反応を確認。身に覚えのないザイティエンは嫌疑を晴らそうと密売人の捜査を続けるが、インションからは毛嫌いされ、手がかりとなるのは瀕死の密売組織の男ただ1人だけ。そんな中、ザイティエンが頼りにしている謎の"情報源"から「最後の手がかりが死ぬ」というメッセージが届く。一体どういう意味なのか…?

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001