シャオマーの実験を見て一同は、爆発は事故ではなく人為的なものだと確信する。また、インションとリンを襲った殺し屋は国防部の人間で、調査員と偽ってザイティエンやシーインと接触していたことも判明する。あらゆる謎が徐々に明らかになっていく中、ザイティエンたちが会長の元を訪ねたところ、突然現れた検察と警察が、麻薬密売の証拠を挙げて会長を連行してしまう。騒ぎの後、ザイティエンは、会長救出への協力を三連会から求められる。ザイティエンは身内だからと言うのだ…。

このエルマークは、レコード会社・映像製作会社が提供するコンテンツを示す登録商標です。 RIAJ50085001